2009年05月13日

結婚式に二次会の服装(女)

結婚式が終われば次の問題は結婚式の二次会の服装、特に女のひとです。

結婚式の二次会に参加する場合の服装は女のひとはワンピースかスーツが無難で一般的です。

ただ多くの方が間違っているのですが、ここで問題があります。

結婚式の二次会の服装で女の人は、無難に黒い服装を着ることが多いのですが、なるべく黒は避けた方が良いのです。

意外とその場では分からないことも多いのですが、あとで記念の集合写真を振り返ってみると、まるでお葬式やお通夜のような状態になってしまっていることがよくあります。

結婚式の二次会の服装を女のひとはある程度色のついた服装で参加するようにしましょう。

特に男性が黒が多いだけに。女性が少し華やかさを演出しましょう。

そして結婚式の二次会の服装を女の人が決めるのに大事なことは、前もって結婚式の二次会をどこでやるのか、どういう雰囲気の場所なのかを聞いておくことです。

結婚式の二次会の服装で女の人も『平服で』と書いてあるからといって、本当に普段着になってしまったり、逆に新婦よりも目だってしまうような格好はやめましょう。

結婚式の二次会の服装は女のひとの場合は着替えた方がよりいいでしょうが、結婚式よりは多少ラフな格好に着替えると良いでしょう。

ただし、あまり崩し過ぎないようにしましょう。

あくまでも二次会も結婚式の続きなのですから。

女のひとは、フォーマルドレスから、スーツやワンピースなどにすると少しやわらかくもなり場も和んで良いでしょう。

これなら記念の集合写真も華やな写真になりきれいな記念写真が取れると思いますよ。

また結婚式の二次会の服装の女のひとは、新婦さんが白を着ることが多いので、女のひとは色のついた服装が無難と言えます。

ここら辺りは新婦さんへの配慮が必要です。

結婚式で着ていたフォーマルドレスのままでも特に問題にはならないので、着替える場所や時間がない場合、何を着ていけば良いか分からない場合はそのままでも構いません。

結婚式の二次会の服装について女のひとは迷ったら、一緒に参加する友人や場所に合わせて柔軟に服装を変えるように心がけましょう。

結婚式の二次会の服装で女のひとが恥を欠かないためには、まずは色々な周りの人や場所の情報を集めることが大事です。

場所、友人、参加者、このあたりの情報から結婚式の二次会の服装を女のひとは決めると良いでしょう。



posted by hukusou11 at 17:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

結婚式の服装のマナー

結婚式の服装のマナーにはどんなものがあるでしょうか。

結婚式の服装のマナーですが、もう皆さんご存知だとは思いますが、1番のマナーは『白』は花嫁の色とされているので、招待された人達は着てはいけません。

また、女性でごくまれに見かけますが、新婦より目立つドレスを着て行くのもマナー違反です。

結婚式の服装のマナーで大事なことは、主役の花嫁よりは控えめにするのですが、それでいて結婚式を華やかなに場を盛り上げられるような服装にすることです。

よく結婚式の服装のマナーだからと、黒ばかりを着る女性が多いのですが、男性が黒いスーツを着ますので、結婚式を華やかにする意味でも少し色の付いた服を選んだ方が良いでしょう。

逆に黒ばかりだと、記念のための集合写真などを撮るときに、後で見ると黒ばっかりで冴えない写真になってしまって、ちっともお祝いの席には見えない場合があります。

黒のスーツをきる人ばかりでは、一見暗い場と間違われてしまう可能性があるので注意しましょう。

黒を着る場合は、コサージュなどでちょっと華やかにしましょう。

結婚式の服装のマナーに関連してバックなども光沢のあるようなものは避けてください。

結婚式の服装のマナーと同じくバックや靴、アクセサリーにもマナーがあります。アクセサリーはゴールドを使ったものはは避けるようにしましょう。

また今までは結婚式の服装におマナーも大体決まっていたのですが、最近では結婚式自体が多様化してレストランなどで行うこともあるようになりました。

その場合、招待状に『平服で』という事がよく書いてありますが、それでもジーパンに派手なシャツなどの普段着はやめましょうね。

この『平服で』という意味は、あくまでも結婚式の平服の事ですから、結婚式の服装のマナーに沿ってしっかりと服装を選んで参加してください。

結婚式の服装のマナーは男性はブラックスーツにネクタイを合わせ、女性はワンピースやスーツなどが一般的です。

結婚式の形式が多様化してきていますので、出席する友人と相談して皆で合わせていくのが最も間違いがなく良いでしょう。



posted by hukusou11 at 17:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

結婚式の服装(男)

結婚式での服装は男のひとも気を使う必要があります。

結婚式の服装として男のひとであれば、ブラックスーツや、ダークスーツなどであればまずは問題はなく1日を通して着こなすことができます。

ジャケットは、シングルでもダブルでもどちらでもお好みで着てください。

ネクタイはシルバーグレーのものや、白地のもの、白黒のストライブが無難です。
本当に親しい間柄でちょっと遊び心を入れたいなら水玉ぐらいまでならば良いのではないでしょか。

結婚式の服装で男のひとはあまりおしゃれをする場所もありませんが、ベストをきる場合はジャケットと同様、黒、グレー、または白などから選びましょう。
 
あとたまに見かけるのですが、せっかく服装はばっちり決めてきたのに、靴がボロボロという人がいます。

もちろん靴も大事結婚式の服装の男のひとでは非常に重要な部分ですので、綺麗に磨いた革靴を履いていくようにしましょう。

ブラックスーツの場合はちょっとそれだけだと暗い印象を与えてしまうので、ワイシャツやポケットチーフに白を使い華やかに見せましょう。

しかし、最近は薄い色の付いたワイシャツなどを着ている人もいますので多少の色つきなら問題はないでしょう。

結婚式の服装で男のひとは、新郎新婦との関係によっても違ってきますが、一般的に男のひとはブラックスーツに白いネクタイが無難です。

しかし、最近は結婚式の服装も男の人もおしゃれになってきているので、ネクタイなども多少の派手ではないものなら問題は特にないでしょう。

結婚式の服装で男性のひとが着ることの多いダークスーツなどの場合は、ビジネススーツと思われないように、ネクタイやチーフでいつもとは違う華やかさを演出するように心がけましょう。

結婚式の服装の男のひとは派手すぎないことは条件ですが、それほど黒にこだわらず、多少のおしゃれも必要かもしれません。

友人たちともよく話し合い、失礼に当たらない程度に、それでいて華やかさに華を添えられるような服装で結婚式に参加しましょう。




posted by hukusou11 at 17:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。